櫻井寛(鉄道写真家)カメラメーカーやレンズは何?秋のオススメ駅弁が購入できる駅はどこ?

sakuraikan,tetudou,ekiben

マツコの知らない世界の「秋の鉄道旅行の世界」に出演する櫻井寛(さくらい かん)さん。

鉄道写真家でフォロジャーナリストである櫻井さんの使っているカメラのメーカーやレンズ、さらには駅弁マニアでもある櫻井さんのオススメの駅弁や購入できる駅なども調査していきます。

 

鉄オタ、駅弁オタ、好きなことを仕事にできている櫻井さんはいつも笑顔が素敵ですよね^^

では調査開始です!

Sponsored Links

櫻井寛のプロフィール

sakuraikan,tetudou,ekiben

引用元top.tsite.jp/static/top/sys/contents_image/036/981/168/x36981168_111673.jpg.pagespeed.ic.SvooR6AV09.jpg

生年月日:1954年3月9日

年齢:63歳

出身:長野県佐久市

最終学歴:日本大学藝術学部写真学科卒

2017年9月現在

実は櫻井さんは過去に2回マツコの知らない世界に出演しているので今回が3回目の出演となります。

 

1回目は駅弁の世界を紹介するために2015年8月4日に出演。

駅弁に関しては後ほど記述しますね^^

そして2回目豪華列車の世界を紹介するために2016年5月3日に出演しています。

 

こう見ると今年2017年9月12日に出演なので1年に1回は定期的に出演している感じになります。

マツコの知らない世界の準準々会員くらいの位置ですねw

Sponsored Links

櫻井寛の簡単な高校や大学の経歴

長野県佐久市に生まれた櫻井さん。

お父さんは当時国鉄の長野の小海線の中込駅に勤務する鉄道員で、お母さんは小諸駅の電話交換手だったという生粋の鉄道夫婦から生まれました。

国鉄というとJRになる前の国が運営していた鉄道会社になります。

 

そんなおうちに生まれた櫻井さんは自ずと汽車が好きになります。

子供の頃は本当に鉄道がおもちゃといった環境で育ったのでしょうね^^

 

中学になる頃には鉄道とカメラが組み合わされるようになります。

櫻井さんの原点でしょうね。

お父さんのものだったのでしょう、リコーフレックスの2眼レフを使って鉄道の写真を撮り始めます。

 

そして「鉄道ジャーナル」という鉄道雑誌に写真を投稿してなんとなんと原稿料も受け取っていました!自分の力でお小遣いを稼いでいたことになりますよね?すごいです櫻井さん。。

高校は鉄道員を目指し昭和鉄道高校という高校へ進んで運輸科に入学。なんと満員電車の整理員や切符切りなどのアルバイトもしていました。

 

ですが国鉄の不況のあおりも受け、もともと興味のあった鉄道写真の道を進むことを決め、大学日本大学芸術学部写真科へ進みます。

日芸というと前回記事を書いた黒島結菜さんも日芸の写真科に進んでいるとの噂があります。

Sponsored Links

櫻井寛が使っているカメラのメーカーやレンズは?

日芸の写真科の4年生の時に銀座のニコンサロンでなんと個展を開いている櫻井さん!

そしてその個展を訪れた江戸川乱歩のお孫さんの平井憲太郎さんから写真集にしましょうと声をかけられ「凍煙」という写真集を出しています。

 

この写真集のおかげでなんと世界文化社から内定をもらうのです。

世界文化社では20数年写真部に所属して鉄道紀行など日本はたまた世界中を撮って回流のです。

90年にはフォトジャーナリストとして独立します。

 

今まで使ったカメラは

  • リコーフレックス
  • ヤシカのセクエル
  • ペトリV6
  • ニコンF6

これらを綺麗に保存もしていて、仕事で使った数多くのカメラも綺麗に保存しているほどカメラに対しても思入れが強い櫻井さん。

 

メーカーは特に固定されておらず

  • ニコン
  • キャノン
  • オリンパス

など様々な機種を使っています。

 

レンズに関してもメーカーは特に固定はされてはいなさそうです。

Sponsored Links

櫻井寛のオススメの駅弁や売っている駅は?

「駅弁は箱に詰まった小宇宙」と言い切っています。

 

そんな駅弁を食べ尽くしている櫻井さんがオススメする駅弁とはどのようなものなのでしょうか。

まずは「あなごめし

こちらは広島県の宮島口駅で買うことができます。

anagomesi

引用元:www.c-heart.net/img/ekiben2.jpg

めちゃくちゃ美味しそうじゃないですか〜!!!

ちょっとお高いですが瀬戸内海のキンアナゴという100匹中1匹入っていれば良いという貴重なあなごで、そのキンアナゴを丁寧に何度か焼いたもの。

なんと1日に20食しか作れないという貴重なものなのです。

 

宮島口駅に行ったとしても食べれない可能性もある駅弁。

デパートなどの物産などにも滅多に出ないという駅弁ですので現地に行くのが一番食せるものではないでしょうか。

 

今回のマツコの知らない世界では予告動画にちらっと映っていたこちらの駅弁も紹介します。

株式会社 丸政という山梨県北杜市小淵沢町の小淵駅で販売している「高原野菜とカツの弁当」。

sakuraikan,ekiben

引用元;next.jorudan.co.jp/ekiben/images/640/1225_01.jpg

素朴な感じの中身ですが櫻井さんが紹介するということはめちゃくちゃ美味しんでしょうね〜^^

なんとこのお弁当9月18日まで期間限定で駅以外での販売をするそうなので詳しくは丸政のホームページを見て見てください!

まとめ

番外編ですが結婚に関しては結婚はされているみたいですね。

21歳の頃出した凍煙という写真集ではものすごく寒いところでの撮影だったようで、これを見た現在の奥さんのお父さんから「我慢強いやつ」と太鼓判を押され一発OKをもらったとか。

 

お子さんがいるかどうかは定かではないですがきっとすでに成人されているお子さんが2人くらいいらっしゃるんだろうな〜と勝手に勘ぐっていますw

 

高原野菜とカツの弁当の他の秋の鉄道の旅にぴったりな駅弁の紹介も期待していますよ!

Sponsord Links

こちらの記事も読まれています^^