ダニエル太郎の彼女は立野リカって本当?イケメンの父の職業や妹可菜もテニス選手でかわいいのか調査!

Danieltaro,tennis

日本男子4人目のツアー初Vの快挙で一躍注目の的となっているダニエル太郎(だにえる たろう)さん。

松岡修造さん、錦織圭さん、杉田祐一さんについでの快挙なのですがイケメンなテニスプレーヤーが出て来ましたね〜。他の3人とはまたタイプも違います。

 

そんな太郎さんのお父さんもイケメンなのですが現在職業は何をされているのでしょうか?そして妹で可菜さんがいて可菜さんもテニス選手ということなのですが現在のランキングなど調査していきます!

そして彼女に関しては立野リカさんというモデルの方という噂もあるのでチェックしていきますね〜!

Sponsored Links

ダニエル太郎のプロフィール

Danieltaro,tennis

引用元:iwiz-spo.c.yimg.jp/

生年月日:1993年1月27日

年齢:25歳

出身:アメリカ合衆国ニューヨーク

身長:190㎝

最終学歴:ローラルスプリングスクール高卒

2018年5月現在

ダニエル太郎さんは名前からしてわかると思うのですがハーフです。

お父さん→アメリカ人

お母さん→日本人

のハーフで国籍に関しては「日本」となっていますね。

 

ちなみに本名というかフルネームは「Taro Charles Daniel」タロー チャールズ ダニエルだそうです。

 

株式会社エイブル、不動産屋さんが所属先というのも面白いですね!

簡単に太郎さんが使っているラケットやウエア、シューズなどのメーカーを見て行って見ましょう〜。

ダニエル太郎のラケット・ウエア・シューズのメーカーはどこ?

テニスをしている方はやはり注目選手がなんのメーカーのアイテムを使っているか気になるところではないでしょうか?

 

まずはこれがないとテニスができないラケット。

バボラ社のpuredriveピュアドライブという物を使っています。

「あす楽対応」「レビュー記入で特典付き!」「2017新製品」BabolaT(バボラ)「PURE DRIVE 2018(ピュアドライブ 2018) BF101335」硬式テニスラケット「2本購入特典対象」『即日出荷』

 

ただ、これは市販されているものですのでダニエル太郎さんが使っているプロ仕様とは全く同じと言う訳ではないでしょうからその辺りはご了承を。

 

次はウエア。

2018年からはオークリーOAKLEYにスポンサーが変更になっています。

オークリーというとサングラスなどのイメージが強いと思いますというか私も結構そんなイメージでした。

現にスポーツ選手がオークリー製品数多く利用しています。

スノーボードの平野歩夢選手や國母和宏さん。

ゴルフの松山英樹さん。

野球のイチローや大谷翔平選手なども愛用しているようですね。

 

で太郎さんの来ていたウィンドブレーカーですがこちら↓

 

こちらのダニエルさんのツイートのと同じですね!


2017年いっぱいまではローチェというメーカーのものを着ていたようですね。

そしてシューズ。

シューズはディアドラを使用しています。

 

太郎選手のシリーズはスピード ブルー シールド FLYというもの。

スピードプレーヤーが求める高い軽量性を実現するため、《軽量BLUSHIELD》マテリアルを新たに開発。 さらに、アウトソールが通常2ピース設計されるところを、1.5ピース形状を取り入れることで、安定性と軽量性の両立を実現

私はテニスをしたことがないので上記のうたい文句がどのようなものか分からないのですがきっと凄いのでしょう(汗)

Sponsored Links

ダニエル太郎の彼女は立野リカって本当?

で、やっと本題といえば本題なのですがハイスペックなダニエル太郎選手。

やはり彼女もとても綺麗な人なのでは?

と想像してしまうのですが彼女の名前で上がっている人は立野リカ(たつの りか)さんという方。

 

立野さん年齢や誕生日が非公表になっているのですが。。。色々探し回ってみると。

年齢27〜8歳?

誕生日4月27日?

この辺りが濃厚なのではないかと思われます。

詳しいことは立野リカ記事でチェック(後日更新予定)

 

プロサッカー選手の武藤嘉紀(むとう よしのり)選手といとこというのは有名なようですね。

私的にダニエル太郎さんと立野さんが付き合ってるよな〜と感じたのはこの写真。

Birthday boy ‍♂️

Rikaさん(@rikatatsuno)がシェアした投稿 –

仲良く写っているのはもちろんですがこの背景見て見てください!

よく恋人岬なんかという名前のところで南京錠の鍵で2人の愛を永遠に〜というスポットがあるじゃないですか?

そのような場所ですよねここ^^

 

ですので太郎さんが立野さんと付き合っていて、立野さんが彼女であるのは間違いないのではないでしょうか?

ちょいちょい2人が仲良く写っているショットも載っていますし。

Sponsored Links

ダニエル太郎の父はイケメンで職業は何?

太郎さんがイケメンのためやはりお父さんもきっとイケメンだよね〜と思ってしまうのですがお父さんの画像を探して見ました。

右がお父さん。

アメリカ人でお名前がポールさん。5月現在の年齢は54歳のようですね。

現在は会計士として働いているようですね。

実は元テニスプレーヤーとしての経歴も持っているんですねお父さん。

 

イスタンブールで優勝した時、これからの目標を記者の人たちに聞かれた時に、「目標は、自分のテニスを改善し続けていくこと」

 

25歳でこのセリフなかなかいえないですよね!

少年時代から常にこのスタンスで自分を成長させて着た太郎さん。今もこの謙虚誘いうか足が地についているこの感じたまらないですね。

 

お父さんは無理やり太郎さんや妹の可菜さんにテニスをさせた訳ではなく、自分自身が学生時代にテニスを頑張っていて、仕事で埼玉県に越して着た時に近所のテニススクールでストレス解消のために通い始めたのだそうです。

そしてお父さんにくっついて着ていた2人がテニスを始める。

ものすごく自然な流れですよね^^

 

その頃からお父さんの楽しみは子供達のテニスの成長。

ですが無理に頑張らせることはなくて「テニスは人生を楽しむ手段」というスタンスで見守って来てくれたのだそうです。

心もめちゃイケメンじゃないですかお父さん!!!!!

 

太郎さんのお母さんは泰江さんインスタ画像の左の方ですね。

お父さんよりも年上の61歳です。姉さん女房じゃないですか^^きっとイケメンお父さんは甘えん坊なのかもしれないですね〜。

そして真ん中の女性は妹の可菜さん22歳。

 

可菜さんもテニスプレーヤーで大学を卒業もしましたしこれから本格的にテニスにも打ち込んでいくようですね。

今までの最高ランキングが799位ですのでまだまだこれからなのですが小さい頃は太郎さんよりも上達が早かったようですので2歳違いという年齢の兄妹これから切磋琢磨していくでしょうね〜!

Sponsored Links

ダニエル太郎の出身中学や高校は?

太郎さんはニューヨーク生まれではあるのですがその後12歳まで日本で過ごします。

 

最初は埼玉県に越して来ていたみたいで小学校久喜市立太田小学校に通っていました。

7歳から始めたと結構書いてあるのですがテニスを始めた時期は小学校1年生頃のようですね。

この頃はお父さんのポールさんがストレス解消として通っていたむさしの村ローンテニスクラブで練習していたようですね。ツイッターを見るとたまに遊びに行っているようです。


中学校になる時期には愛知県に仕事の都合で転居したのか、名古屋国際中学という名古屋国際学園という中高一貫校に入学。

愛知県に行ってからは森林ロングウッドテニスクラブというクラブに通い始めます。

 

14歳に頃には家族とともにスペインへ行き、世界4位のフェレ-ルをはじめスペインのトップ選手とともにトレ-ニングを行いテニスの実力を伸ばします。

スペインは世界で最も選手層が厚いと言われる国なのでテニスの腕を上げていくには絶好の場所だったのではないでしょうか。

日本の高校のテニスをする子の環境がいまいち整っていなかったこともスペインに移住するきっかけを作ったのではないかと私は思います。変なしがらみに飲み込まれて伸びる才能も伸びないと勿体無いですしね。

 

高校ローラルスプリングスクールという高校を卒業しています。

 

ちなみに太郎さんはマルチリンガル

英語、スペイン語、日本語がネイティブレベル。

ロシア語も会話レベルで話すことができるので4ヶ国語も操れることになりますね(汗)すげ〜!

Sponsored Links

 

まとめ

なんだか色々と書いてしまいましたが今後ダニエル太郎さんちょいちょいニュースを賑わしてくれるテニス選手になるでしょうね!

まだ25歳と伸び盛りの年齢。

しかも身長が190センチと松岡修造さんの188センチ越えの身長。

きっとダニエルさんの試合では松岡さんも叫んでいたでしょうね〜(笑)

 

立野リカさんが彼女というのは90パーセントは本当なんじゃないかと。

でも立野さんも元はテニス選手として活躍していましたので太郎さんのメンタルなど精神面で大きな支えになっているのではないかと思われます。

 

キュートな笑顔これからも見せてくださいね!

応援していますよ〜^^

Sponsored Links
Sponsored Links

★コチラの記事も読まれています★