Netflixで見ないともったいない韓国サスペンスドラマ

Netflixで見ないともったいない韓国サスペンスドラマ

『新感染ファイル・エクスプレス』『パラサイト 半地下の家族』と世界を徐々に魅了してきた韓国映画。そして全世界94カ国で1位を占める大記録を打ち立てた史上最大のヒット作、米テレビ界最高の栄誉とされるプライムタイム・エミー賞でも旋風を巻き起こす可能性があると報じられたNetflix韓国オリジナルドラマ『イカゲーム』。次々と世界を魅了して止まない韓国作品ですが、ラブコメディやラブロマンスに負けないくらい韓国のサスペンスやホラーがおもしろいのです!ぜひ見てほしい作品はいくつもあるのですが、今回は、自国の韓国でも名作と言われるサスペンスドラマ『秘密の森』を紹介したいと思います。

秘密の森 シーズン1

【作品紹介】

制作国 : 韓国 / 制作年 : 2017年

【邦題】

秘密の森〜深い闇の向こうに〜シーズン1

【ストーリー】

全16話

【原題】

비밀의 숲

【演出】

アン・ギルホ(안길호)

【脚本】

イ・スヨン(이수연)

【キャスト】

チョ・スンウ(조승우)

ぺ・ドゥナ(배두나)

ユ・ジェミョン(유재명)

イ・ジュニョク(이준혁)

シン・ヘソン(신혜선)

あらすじ

子供時代に受けた脳手術の後遺症の影響で感情を失い、人の気持ちがわからず、理性的にのみ行動する冷静で孤独な検事ファン・シモク(チョ・スンウ)。日常のように目の当たりにする検察内部の不正。その追求に動き始めたシモクの前に現れた第一の死体。それは贈収賄事件の容疑者の男だった。この事件の担当刑事は、シモクとは対照的に、人間味あふれる性格で喜怒哀楽のハッキリしたハン・ヨジン刑事(ペ・ドゥナ)現場で出会ったシモクはヨジンの二人は真相の究明に当たるが、相次ぐ第二、第三の死体。検察の内部不正を覆い隠すために相次いで起こる殺人の中で、周りの人すべてが殺人の動機を持つ容疑者として次々と浮上する。時には全員が犯人のように、時には全員が無実であるように感じられる…。二人は協力しあうも捜査は混迷を深めていく。そんな中シモクはだんだん犠牲者たちの共通点に気付き始める。やがて事件は政界や財閥を巻き込む、韓国社会を揺るがす事態に発展していくことになる。

みどころ

正反対の2人が追うのは、ある殺人事件の真相。しかし、検察内部の者はもちろん、警察や捜査官、友人から被害者の家族まで、全員が動機を持った容疑者…。相次いで殺人事件が起こる中、次々と浮上してくる怪しい人物たち。予測不能な展開と先が気になる緻密なストーリーに、ラストまで手に汗握るハラハラドキドキの展開が待っている。

シーズン1は、韓国のゴールデングローブ賞と呼ばれる第54回百想芸術大賞で、TV部門大賞を受賞しました。

さらにチョ・スンウはTV部門男最優秀演技賞を、脚本を手掛けたイ・スヨンはTV部門脚本賞を受賞する快挙を成し遂げています。

またニューヨーク・タイムズが選ぶ、2017年国際TVドラマTOP10賞にも選ばれた作品です。『優れた社会派サスペンスドラマ』や『サスペンスの最高峰』と呼び名が高いこの作品まだ見ていない方はぜひご覧になってみてください。

この作品実はシーズン2も出ていて、もちろんNetflixでみられるのです。まだシーズン1も見ていないのにシーズン2も?と思われるかもしれませんが、見はじめてしまえば夢中になること間違いなしです!

秘密の森 シーズン2

【作品紹介】

制作国 : 韓国 / 制作年 : 2020年

【邦題】

秘密の森〜深い闇の向こうに〜シーズン2

【ストーリー】

全16話

【原題】

비밀의 숲2

【演出】

パク・ヒョンソク(박현석)

【脚本】

イ・スヨン(이수연)

【キャスト】

チョ・スンウ(조승우)

ペ・ドゥナ(배두나)

チェ・ムソン(최무성)

キム・ヨンジェ(김영재)

イ・ジュニョク(이준혁)

チョン・ヘジン(전혜진)

ユン・セア(윤세아)

あらすじ

人の気持ちがわからない孤独な検事のファン・シモクが移動先から最高検察庁に帰ってきた!

一方、シモクとは正反対の、人情味溢れる行動派の刑事ハン・ヨジンは出世をしていた。そんな2人が何の因果か、検察と警察の捜査権調整を巡り対立する立場で再会。シモクとヨジンが、今作では隠蔽された事件の真相に迫る内部秘密追跡劇を繰り広げる。

みどころ

シーズン1でも些細なセリフやシーンがとても大事になっていたが、見逃してしまうと理解が追いつかなくなってしまう程、緻密な構成が特徴のこのドラマ。また登場人物達が最後まで敵か味方か分からない、というドラマの魅力が複雑さをより一層加速させているので、かじりついて見てもらいたい作品になっています。特に今回のシーズン2では検察vs警察という構図で、捜査権調整を巡った検警の対立が中心に描かれており、セリフ量も多く専門用語も飛び交うため、内容の濃い、見応えのあるクオリティの高い作品ということです。

まとめ

秋の夜長に韓国ドラマの一気見で、できればシーズン1とシーズン2を観ることをオススメしたい。シーズン1と2の繋がりや、また監督が異なるため演出を比較しながら観るなど、様々な切り口で観ることでよりドラマの世界観を楽しめること間違いなし。韓国のサスペンスドラマ好きをも唸らせたこの作品、ガッツリ骨太でどっぷりドラマに浸かりたいという方にはオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です